narsada

narsada

SoftBank Ultra Link

2015年のXMアノマリー「ペルセポリス仙台」のアフターパーティで発表された、IngressのXMアイテム。協賛企業であるソフトバンクのロゴがあしらわれており、ポータルにModsとして挿入して使用する。リンクアンプの上位種。日本では主に「SBUL」または「SBLA」と略されている。

機能と用途

1つのSBULをポータルに挿入すると、以下の効果をポータルは得る。

  • ポータルのリンク可能距離が延長
  • ポータルからのアウトリンクの本数が増加
SBUL リンク可能距離の倍率 アウトリンクの制限本数
1個 5倍 16本
2個 6.25倍 24本
3個 6.875倍 32本
4個 7.5倍 40本

アウトリンクとは、1つのポータルから伸ばせるリンクの本数である。逆にポータルに対してリンクされた場合、それはインリンクと呼ばれる。通常、アウトリンクは1つのポータルにつき8本までである。SBULはその制限を増やすことが可能であり、これによってあらゆる作戦に幅ができた。

  • リンクアンプだけでは4つ使っても最長3倍までしか延長できなかったが、SBULは1つだけで5倍を達成した。これによってLAはさらに無用の長物と化した。
  • 今まではVRLAを使用しないと届かなかった地域同士が、SBULを通してリンクし合えるようになった。国内では散々な扱いのソフトバンクだが、国内外を結びつける機能が強化されたのは皮肉と言える。

実例

SBULは特に多重CFの作成時に威力を発揮する。1つのポータルから最大40本のリンクを他のポータルにリンクできるため、俗に「三十九式」と呼ばれる多重CFの手法に持ち入れられた。

https://plus.google.com/109395835223915782610/posts/CQ3KA5PAVWW

  • その他にも、フィールドアートの作成や経験値稼ぎのための「装置」等にも使用される。そのデザインのダサさに反比例し、意外にも実用的なアイテムである。
  • アノマリー等の防御中心な競技においての使用実績は高くない

ソース

https://plus.google.com/+NianticProject/posts/fY5t4Gp2UA8